災害や感染症への取組

災害や感染症への取組

健康管理

  1. 体調に留意し、朝、ご家庭で検温していただき、登園時間記入表にご記入ください。
  2. 朝の時点で、発熱(37.5℃以上)、下痢、嘔吐のいずれかの症状がある場合は、お休みください。
  3. 園で体調の急変が起きたときには、保護者に連絡をします。できるだけ速やかにお迎えをお願いします。
  4. 園でケガをされた場合は、症状により判断し保護者連絡の上、受診します。
  5. 薬について
    園での服用は、広義の医療行為となりますが、宇治市立保育所の規定に準じ園で対応させていただきます。(医師の処方の際、できる限り朝夕ご家庭での服用をお願いします。)やむを得ず、飲み薬をご持参される場合は、医師から処方された飲み薬のみ1回分を投薬依頼書とともに保育士に手渡ししてください。登園時間記入表に「薬あり」の記入もお願いします。飲み薬以外(目薬やぬり薬等)は、お預かりできません。
  6. 予防接種について
    必要な年齢で接種するようにしましょう。接種された場合は、その都度担任までお知らせください。
  7. (園で実施の)検診・検査について
園医による内科検診・歯科検診春と秋に実施しています。(内科は、入園前にも実施しています。)
事前質問は、検診調査票へ。結果は、検診調査票で返却します。
尿検査春・秋に実施。再検の場合は、かかりつけ医にご相談ください。

コロナ対応として

発熱(37.5℃)以上または、呼吸器症状がある場合は、お休みいただき、医師の診察をお願いします。早退の場合は、ご兄弟姉妹のお迎えも同時にお願いします。解熱後24時間が経過しなければ、再登園はできません。

緊急時の対応(防災と安全・非常災害時の対策)

感染症対応や災害対応により、家庭連絡が必要になった場合、園より一斉メールにて、登録済みの携帯電話にメール配信いたします。(メールアドレスが変更になった場合は、直ちに園長にお知らせください。)

1.感染症対策

【従来の感染症対応】
  • コロナ以外の感染症にかかった時は、医師の登園許可が出るまでお休みください。原則として、再登園時に「登園届」(資料ダウンロード)を保護者記入の後、園長にご提出ください。
【新型コロナウイルス感染症対応】
  • 「コロナウイルス」にかかり陽性になられたり、濃厚接触者になられた場合は、園長までご連絡をいただくとともに、一定期間(保健所等の指示に従い)、出席停止となります。(体調不良の場合は、医師の診察を受けた後、園長に許可を取っていただき登園してください。)
  • 必ず、手指のアルコール消毒(コロナ対策のみでなく)と(不織布)マスクの着用をお願いします。発熱のある方は、園内に入れません。

2.防災

  • 火災や地震の対応は、別途定める消防計画書により対応します。
  • 消火器・自動火災報知器等消防用設備等は、消防法に基づいて設置しています。
  • 毎月一回、火災や地震を想定した避難及び消火訓練を実施しています。
【特別警報や暴風雨(雪)警報が京都南部に出たときの措置】

前日中に「明日、休園」を判断する場合は、掲示と一斉メールで周知します。

午前7:00現在発令中自宅待機
午前9:30までに解除解除確認次第、登園
午前9:30以降も発令休園
保育中に発令園から一斉メールで連絡をした後、順次お迎え
  • 宇治市で震度5強以上の地震が発生した場合、原則休園になります。(5強以下でも状況に応じて、休園措置をとる場合があります。)

3.防犯・安全確保について

  • 門扉・東西の壁面・屋上に防犯カメラ(録画機能付き)とライトを設置しています。また、正門壁面には、インターホンを設置し不審者侵入への対応をに努めています。
  • 園児を交通事故と不審者から守るため、必ず保護者の手で門の表裏の施錠をお願いします。*お子さんには、門の取っ手を触らないようご注意願います。
  • 門扉・園周辺の見回りに安全支援員2名を朝夕に、配置しています。
入園案内
先生のホンネ
災害や感染症への具体的な取り組み