給食

給食

「食べることは生きること」を基本に、
毎日子どもの健康を考えながら給食に取り組んでいます

この45年間、たくさんの食の問題に遭遇しながらも、職員みんなで学び合い作り上げてきたくりくまの給食。その時その時に精いっぱい食の安全にこだわりました。

どんどん変化・発展する世の中、便利な調味料や食材があふれています。
ですが、子どもたちのからだにとって安全な食事を作ることは本当に難しくなっています。

子どもたちのからだ作りの基盤である保育園の時期に子どもたちが毎日食べる給食だからこそ安心・安全にこだわりたい!くりくまの給食は下記の4項目にこだわりを持って作っています。

安心・安全は食材から!

国産にこだわり、その中でもより添加物や農薬が少ないものを選んでいます。冷凍食品や加工食品はほとんど使いません。

しっかりかんで、おいしく食べられる給食を!

根菜類や葉物野菜など、旬の野菜をたくさん取り入れて、たくさんかんでおいしい献立を意識しています。

薄味でおいしく!

コツは濃いめの出汁!
素材の旨味を感じられるように調味料は少なめに!を心がけています。

みんなが食べられる和食中心に!

アレルギー源で多い卵・乳・小麦をなるべく使わない献立にしています。たんぱく源の牛肉・豚肉・鶏肉・魚・豆類をバランスよく取り入れています。

入園案内
先生のホンネ
災害や感染症への具体的な取り組み